メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今大会から愛好家と交流 兵庫・伊丹

激しいプレーを見せる選手ら=兵庫県伊丹市で2016年2月27日、田辺佑介撮影

 伊丹スポーツセンター(兵庫県伊丹市鴻池1)で27日、「第30回記念伊丹親善車いすバスケットボール大会」が始まった。30回を迎えたことを記念し、今大会から障害者や車椅子利用者だけでなく、愛好家が集まって交流を深めることにした。28日までの2日間で、約300人が汗を流す。

     大会は、車椅子バスケのチーム「伊丹スーパーフェニックス」のメンバーを中心に開いてきた。今大会では、県内外の六つの車椅子チームが参加した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高濃度セシウム 福島第1周辺のダム底に堆積
    2. 豊洲市場 市場関係者に空洞図を提供…盛り土なし説明せず
    3. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    4. チェック 聖地「君の名は。」現象 リアルな映像、若者を魅了 公開28日で100億円
    5. ポケモンGO 危険な「一斉移動」 背景に「不正ツール」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]