メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神メッセンジャー、開幕投手に意欲十分

 阪神は27日、7年目を迎えるメッセンジャーが韓国・サムスンとの練習試合で対外試合に初登板した。2番手でマウンドに上がり、2回を被安打0、3奪三振。「しっかり投げたいところに投げられた」と納得の内容だった。四回1死からクリーンアップを迎えたが、198センチの長身から繰り出す直球でいずれも見逃し三振に仕留めた。最速151キロをマークし、「いい投げ方、いい角度の球を投げてくれていた」と香田投手コーチも満足そう。藤浪との開幕投手争いについて、メッセンジャーは「自分が開幕投手であるべきと強く思っている」。2年連続3回目の大役へ意欲十分だ。【宜野座・藤田健志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]