メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神メッセンジャー、開幕投手に意欲十分

 阪神は27日、7年目を迎えるメッセンジャーが韓国・サムスンとの練習試合で対外試合に初登板した。2番手でマウンドに上がり、2回を被安打0、3奪三振。「しっかり投げたいところに投げられた」と納得の内容だった。四回1死からクリーンアップを迎えたが、198センチの長身から繰り出す直球でいずれも見逃し三振に仕留めた。最速151キロをマークし、「いい投げ方、いい角度の球を投げてくれていた」と香田投手コーチも満足そう。藤浪との開幕投手争いについて、メッセンジャーは「自分が開幕投手であるべきと強く思っている」。2年連続3回目の大役へ意欲十分だ。【宜野座・藤田健志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 府中市美術館 学芸員「上司から展示見直し」にネット反応
    2. 英EU離脱 「まさか」「歴史的」その時、ツイッターに…
    3. 危機の真相 イギリスの江戸っ子魂 安倍発言でEU離脱?=浜矩子
    4. 英EU離脱 岡田代表「アベノミクスのうたげは終わった」
    5. 質問なるほドリ 英EU離脱なぜ問うの?=回答・三沢耕平

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]