メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「九州ダービー」鳥栖が勝利

【鳥栖−福岡】前半8分、今季初ゴールとなる先制点を挙げてチームメートと喜び合う鳥栖FW豊田(右から2人目)=ベストアメニティスタジアムで2016年2月27日午後2時12分、上田泰嗣撮影

 ○鳥栖2−1福岡●(27日・ベアスタ)

     お互いの意地がぶつかり合い、両チーム合わせて計8枚のイエローカードと荒れた「九州ダービー」。鳥栖が一瞬の隙(すき)を突く勝負強さでJ1の“先輩らしさ”を見せた。

     フィッカデンティ監督が「最初の入りがすごく良くて、前半30分はやりたい内容ができた」と振り返るように、前半から主導権を握った。前半8分には左サイドから吉田のクロスに、豊田が頭で合わせて先制。エースの4年連続となる開幕ゴールで福岡のゲームプランを崩した。

     前半の終盤には両チームの選手が激しく口論して試合が中断する場面もあった。それでもすぐに落ち着きを取り戻し、後半6分には、福岡が前がかりになったところをカウンター。GKと1対1になった岡田が冷静にゴールに流し込み、「ちょっとしたミスや集中力を欠いた時に決められる」(井原監督)と、J1での戦い方をライバルに見せつけた。

     昨季、リーグ3番目の失点を喫したが、終盤に攻め込まれながらも堅守を見せた。昨年は13試合、勝利から見放されたホームでの勝利に、「開幕のプレッシャーで勝つのが難しい中、気持ちいい」と豊田。初戦を白星で飾った新指揮官は「いっぱい課題が見えた」と、念願のタイトルに向けた一歩を踏み出した。【佐野優】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山陰線 「空の駅」にエレベーター 来年9月完成へ 兵庫
    2. プロ野球 阪神、9選手に戦力外通告
    3. こんにちは中部本社来訪 オアシス21で栗きんとん祭り /愛知
    4. 博多駅 「Kis−My−Ft2」ラッピング列車の出発式
    5. 和歌山・有田川町 ダム放流ムダなく、利益毎月400万円

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]