メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル野菜

キャッサバ、マシシ、ピメンタ・デ・シェイロ…太田から全国へ 門間さんと久保田さん、ネット販売準備中 /群馬

試作品の唐辛子の瓶詰めを手にする門間さん(左)と、ハウス内で育苗しているブラジル野菜の苗を持つ久保田さん=太田市で

日系2世・門間さんと農業・久保田さん、今夏のネット販売準備中

 ブラジル出身の日系2世、門間サオリさん(43)=太田市大原町=と、同所で農業を営む久保田健一さん(69)がブラジル野菜を生産し、インターネットを通じて販売する準備を進めている。野菜が収穫時期を迎える今夏の事業開始を目指しており、2人は「日本人にはブラジル文化に興味を持つきっかけにしてほしいし、在日ブラジル人には懐かしい気持ちになってほしい」と意気込んでいる。【田ノ上達也】

 2人が知り合ったのは2013年夏。久保田さんの農園近くを通りかかった門間さんが偶然、風に揺れるイモ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです