メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <IT Sensor>

 来週で、東日本大震災の発生から5年。あの日は、津波来襲の光景を中心に、一般の人たちが撮った動画が大量にマスメディアやYouTube などに流れたが、その後も震災とじっくり向き合った手作り動画はさまざまな視点・立場から誕生し続けている。

 そんな中の一作「津波が残した記憶」が、昨日まで東京都内で開催されていた「第38回東京ビデオフェスティバル」で「筑紫哲也賞」を受賞した。

 テーマは、撤去するか否かで論争が続き、ようやく保存が決まった宮城県南三陸町の防災庁舎問題。最後まで…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文657文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]