メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベストプラクティスコンテスト

若い視点で地域活性化 学生らが取り組み紹介 /三重

ベストプラクティスコンテストで1位となった「TGJ」(中央の2人)と「みらい対話団」(右側の2人)=県庁講堂で

皇学館大は「オープンカレッジ活動」 知的障がい者らに生涯学習の場

 県内七つの大学や高専の10サークルが地域活性化の取り組みを発表する「ベストプラクティスコンテスト」が28日、県庁講堂であり、学生や地域住民ら約100人が参加した。このうち皇学館大のヒューマンネットワーク部は「知的障がい・発達障がい等のある方の生涯学習の場を提供するオープンカレッジ活動」を報告。近大高専はボランティアサークル「Good job」の活動を発表した。【村瀬達男】

 県主催で4回目。他に三重大、四日市大、鈴鹿高専、三重短大、高田短大も参加した。東京未来大の石阪督規…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです