メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/5止 米政権、シリア対応迷走 ロシア介入で情勢複雑化

 「シリア国民のために、アサド大統領が身を引く時が来た」。2011年8月18日、米ホワイトハウスがオバマ大統領名で出した声明は淡々と、しかし明確にアサド氏の退陣を迫った。

 民主化要求運動「アラブの春」の大波は11年3月にシリアにも押し寄せ、全土を覆っていた。アサド政権は改革を求めて平和的な抗議デモを行う自国民に発砲するなど強硬な武力弾圧を展開。国際的な批判が高まっていた。

 「これでアサドは終わりだ」。オバマ大統領の声明を聞いた当時の国務省シリア・イスラエル和平担当、フレ…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです