メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる中東

アラブの春5年・第2部/5止 米政権、シリア対応迷走 ロシア介入で情勢複雑化

 「シリア国民のために、アサド大統領が身を引く時が来た」。2011年8月18日、米ホワイトハウスがオバマ大統領名で出した声明は淡々と、しかし明確にアサド氏の退陣を迫った。

 民主化要求運動「アラブの春」の大波は11年3月にシリアにも押し寄せ、全土を覆っていた。アサド政権は改革を求めて平和的な抗議デモを行う自国民に発砲するなど強硬な武力弾圧を展開。国際的な批判が高まっていた。

 「これでアサドは終わりだ」。オバマ大統領の声明を聞いた当時の国務省シリア・イスラエル和平担当、フレ…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです