メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親守詩

第3回全国大会 3部門に応募7万6637点 感謝の心、伝えたい

第3回親守詩全国大会で表彰されたみなさん=浜離宮朝日ホールで21日

 子どもが親への思いを作文や定型詩などで表現し、親子のつながりを再確認する「親守詩(おやもりうた)」の第3回全国大会が21日、東京都中央区の浜離宮朝日ホールで開かれた。主催は、日本教育文化研究所、日本青年会議所、特定非営利活動法人・教育技術法則化運動(TOSS)などが作る実行委員会。大会のテーマは「親子の絆」「親への感謝」で、今年は、作文・詩、定型詩、連歌の3部門に、昨年を1万点以上上回る7万6637点の応募があった。

 大会では「おんぶとだっこの歴史」「日本文化の中の箸」をテーマにした模擬授業、シンポジウム「父性は育…

この記事は有料記事です。

残り2834文字(全文3095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです