メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザと診断…発熱やのどの痛み

新年の一般参賀で集まった人に手を振って応える天皇陛下=皇居で2016年1月2日午前11時3分、竹内紀臣撮影

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザA型と診断され、同日の公務を取りやめられたと発表した。27日から発熱やのどの痛み、せきなどの症状があり、28日夜にインフルエンザと診断された。

 同庁によると、陛下は住まいの皇居・御所で安静にしているという。29日に予定されていた離任タンザニア大使との面会や会計検査院長らとの昼食会を取りやめた。皇后さまにインフルエンザの症状はないという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熊本地震 不服申し立て6000件超す 罹災証明書巡り
  2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
  3. 宮藤官九郎 ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
  4. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田
  5. 熊本地震 新耐震基準でも全壊 施工不良など多く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]