メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

停戦、形式上維持 空爆や散発的戦闘続く

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアで28日、アサド政権と反体制派との一時停戦が2日目に入った。各地で散発的な戦闘や政権側によるとみられる空爆が続き、反体制派は「政権側による停戦違反があった」として国連に調査を求めた。一時停戦は形式上維持されているが、先行きは不透明だ。

     戦況の情報を収集している在英民間組織「シリア人権観測所」や反体制活動家によると、北部アレッポ県、中部ハマ県、北西部ラタキア県などで28日、政権側と反体制派の戦闘が起きた。

     アレッポ県やハマ県の反体制派支配地域では空爆も実施された。攻撃主体は不明だが、反体制派は政府軍やロシア軍の関与を疑っている。ロシア軍は停戦初日の27日には空爆を停止していたが、28日に再開した可能性がある。

     反体制派の主要政治組織「シリア国民連合」は「少なくとも15地域で政権側による停戦違反があった」と主張し、国連に調査を求めた。

     一方、停戦対象外の過激派組織「イスラム国」(IS)を巡る戦闘も続いている。ISは27日に北部ラッカ県のトルコ国境付近でクルド人勢力を攻撃し、クルド人を支援する米軍主導の有志国連合が空爆で反撃した。

     人権観測所によると、停戦初日の27日の戦闘や空爆、テロによる死者は少なくとも183人に上った。一時停戦で戦闘が止まった地域もあるが、全土での死者数は停戦前とほぼ同じ水準だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田
    2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    3. 宮藤官九郎 ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 八代市役所 外壁に落書きの47歳男再逮捕 熊本県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]