メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会える日待ち5年 思い出の品展示場

東日本大震災から5年を迎えようとするが、持ち主の元に戻らないままのぬいぐるみ=福島県浪江町で、梅村直承撮影

 東京電力福島第1原発事故で全町民が避難している福島県浪江町に、がれき撤去作業中に掘り出された写真や位牌(いはい)などを返還する「思い出の品展示場」が設置されている。多くのぬいぐるみが残っており、持ち主とは5年も離ればなれのままだ。

     東日本大震災の津波に襲われた浪江町沿岸部では2014年7月からがれき撤去が本格化した。原発事故による「汚染廃棄物対策地域」のため作業は国が直轄する。展示場は同月、国道6号沿いのギフトショップを利用してオープン。撤去作業を請け負う建設会社「安藤・間」(東京都)が管理している。

     昨年10月時点で2650人が訪れ、437人に1431点が返還された。放射線量を気にして子どもを連れてくる被災者が少ないため、ぬいぐるみやおもちゃはほとんど残っている。収集品を一つ一つ撮影し、データ化する作業も進めている。午前9時〜午後4時(日曜定休)。問い合わせは安藤・間の現地事務所(0240・24・0100)。【野間口陽】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    2. 捕獲の子グマ ツキノワグマではなくタヌキだった 青森
    3. 介護家族 脳性まひの息子、首絞めた朝 愛した44年、母絶望
    4. 介護家族 殺人事件の「告白」/5 母に「楽になろうか」 11年、1日も休まず
    5. 介護家族 殺人事件の「告白」/3 昼夜叫ぶ夫を「楽に」 トイレ、1日数十回

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]