メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京マラソン

物足りぬ日本勢 五輪へ不安強まる結果に

都庁前を一斉にスタートするランナーたち=東京都新宿区で2016年2月28日午前9時10分(代表撮影)

 実業団のトップと大学生のホープが集った注目のレースは、散々な内容と結果に終わった。外国勢と競り合うことさえせず、2時間10分を切った選手は一人もいない。自己記録を4分41秒更新して日本人トップに入った伏兵の高宮は「リオの選考は考えていなかった。トップになって、どうしようという感じ」と目を丸くした。

 東京マラソンは世界基準のハイペースが特徴だ。序盤から5キロごとのラップタイムを14分台で刻む外国勢に対し、初マラソンだった村山を除く日本勢は8キロ手前で付くことをあきらめ、第2集団を形成。五輪選考を意識し…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです