メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川下紀久子さん

「女傑」福島を去る 市委託のスポーツクラブ、21年の歴史に幕 再建に奔走、支援得られず /福島

「福島テルサ健康クラブ」の営業最終日、川下紀久子さんは21年の思いを語った=福島市上町で

スーパーバイザー・川下紀久子さん

 一人の「女傑」が福島を去る−−。低額料金で中高年や身体障害者ら福島市民の健康増進に努めてきた会員制スポーツクラブ「福島テルサ健康クラブ」(福島市上町)が28日、21年の歴史に幕を閉じた。水光熱費の滞納が続くなど経営難に陥り、福島市から委託契約を解除されたため。日本のスポーツクラブの草分け的存在で、発足当初から運営や健康指導に携わってきたスーパーバイザーの川下紀久子(きくこ)さん(75)は再建に奔走したが、支援を得られなかった。

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1243文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです