メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論説の目

安全保障 強固な論陣を=布施広

北朝鮮の弾道ミサイルとみられるロケット=2月7日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 米国のライス元国務長官は在任時(2005〜09年)、日本人との相性に悩んだそうだ。北朝鮮の核問題に懸命に取り組む彼女を、日本人は「拉致問題に熱心でない」と見た。日本人は拉致に重点を置くあまり、北朝鮮核問題をめぐる「6カ国協議の失敗を望んでいるように思えてきた」と自伝に書いている。

 思いつめた感じが痛々しいが、世界の命運にかかわる核問題をもっと重大に考えようと言いたいのだろう。当否はともかく米側からよく聞いた声だ。かつては、である。

 先月訪日した米国のシャーマン前国務次官はどうか。彼女は行方不明米兵(MIA)問題と拉致問題の「ある…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1306文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]