メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

自信深め綱取りへ 琴奨菊インタビュー

優勝額の撮影を終え、記念写真に納まる大関・琴奨菊と妻の祐未さん=都内のスタジオで2月6日、松田嘉徳撮影

 今、最も注目される力士といえば、初場所で初優勝を果たした大関・琴奨菊(32)=福岡県出身、本名・菊次一弘、佐渡ケ嶽部屋=だ。日本出身力士としての優勝は10年ぶりだったこともあり、初場所後は多くのメディアに登場し、部屋がある千葉県松戸市で優勝パレードを行うなど各方面に引っ張りだこと、一躍時の人となった。今月13日に初日を迎える春場所では「綱取り」もかかる大関は優勝写真額の撮影の際、毎日新聞の取材に応じ、横綱への思いや、活躍を支えた妻・祐未(ゆみ)さん(29)のサポートについて語った。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1551文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです