メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「清く正しく美しく」胸に刻み卒業式

記念写真に納まる宝塚音楽学校の卒業生=兵庫県宝塚市で2016年3月1日午前9時16分、梅田麻衣子撮影

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で1日、卒業式があった。声楽、ダンスなどの練習に励んだ102期生39人が2年間を過ごした校舎に別れを告げた。

 紋付きはかま姿の卒業生は、伊木常雄校長から卒業証書を手渡された。伊木校長に「自信と誇りを持ち、宝塚の舞台で輝けるよう精進してほしい」と激励され、総代の名子ひとみさん=芸名・舞空美瞳(まいそらみみ)=が「『清く正しく美しく』の言葉を胸に刻み、終わりなき芸の道を歩んでいきます」と答辞を述べた。

 卒業生は18日に宝塚大劇場で始まる星組公演で初舞台を踏む。【釣田祐喜】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 痴漢 身に覚えがない場合…逃げるは損だし罪になる
  2. 宮里藍引退会見 「昨夏ごろ決意」モチベーション維持困難
  3. 千葉大集団強姦 医学部5年生1人は無罪主張、1人認める
  4. 千葉大集団強姦 一転「女性の同意なかった」無罪主張撤回
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]