メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教諭がバールで生徒殴る…笑われ立腹

 茨城県ひたちなか市の県立海洋高校の男性教諭(41)が、男子生徒(2年)の腕やみぞおちをバールと拳で殴っていたことが1日、分かった。教諭は学校の調査に事実関係を認めている。

     県教育委員会によると、2月23日の放課後、校内で男子生徒の服装を注意したところ、笑ったことに腹を立て、ロッカーの修繕用に持っていたバールで右の二の腕を1回たたき、拳でみぞおちを1回殴ったという。

     同日、保護者から学校に連絡があり発覚。生徒は帰宅後、腹痛を訴え、病院で診療を受けたが、けがの程度は軽いという。教諭はすでに担任を外された。【加藤栄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 容疑者の尿と血液から大麻陽性反応…2月
    2. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
    3. 相模原殺傷 容疑者、入所者殺害示唆の手紙 衆院議長宛て
    4. 相模原殺傷 容疑者、施設近くに1人暮らし
    5. AV出演強要 「被害者」個人攻撃に懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]