メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教諭がバールで生徒殴る…笑われ立腹

 茨城県ひたちなか市の県立海洋高校の男性教諭(41)が、男子生徒(2年)の腕やみぞおちをバールと拳で殴っていたことが1日、分かった。教諭は学校の調査に事実関係を認めている。

     県教育委員会によると、2月23日の放課後、校内で男子生徒の服装を注意したところ、笑ったことに腹を立て、ロッカーの修繕用に持っていたバールで右の二の腕を1回たたき、拳でみぞおちを1回殴ったという。

     同日、保護者から学校に連絡があり発覚。生徒は帰宅後、腹痛を訴え、病院で診療を受けたが、けがの程度は軽いという。教諭はすでに担任を外された。【加藤栄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北方領土 ロシア人居住権を容認へ 政府方針
    2. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)
    3. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
    4. 志村けん 退院報告「皆さんに心配掛けました」仕事復帰は体調見て…
    5. プーチン大統領 北方領土「一つとして売らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]