メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族側が逆転勝訴 最高裁

認知症の男性が列車にはねられて死亡した事故現場=2013年10月12日撮影

 愛知県大府市で認知症の男性(当時91歳)が1人で外出して列車にはねられ死亡した事故を巡り、JR東海が家族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の家族に賠償を命じた2審判決を破棄し、JR東海側の請求を棄却した。家族側の逆転勝訴が確定した。

 事故は2007年に発生。男性が列車にはねられた事故で、JR東海が「電車に遅れが出た」として同居の妻や首都圏に住んでいた長男らに約720万円の支払いを求めた。

 民法は、責任能力のない人が第三者に損害を与えた場合、代わりに親などの監督義務者が責任を負うとする一方、監督義務を怠らなければ例外的に免責されると定めている。

 1審・名古屋地裁は長男を事実上の監督者と判断し、妻の責任も認定。2人に全額の支払いを命じた。一方、2審・名古屋高裁は長男の監督義務を否定したものの「同居する妻は原則として監督義務を負う」として、妻には約360万円の賠償責任があると判断。JR側と家族側の双方が上告していた。【山本将克】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
  2. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
  3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
  4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
  5. 器物損壊 益城町で落書き、47歳容疑者逮捕 県警 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]