メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TBS番組「イメージ損ねた」 BPOに意見書

 水戸市は1日、先月3日に放送されたTBSのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」内で、「水戸市のイメージを損ねた」として、放送倫理・番組向上機構(BPO)に意見書を提出した。

     番組は「検証 水戸なら今でも印籠(いんろう)の効果あるんじゃないか説」と題し、マナーの悪い駅利用者に対し、水戸黄門のように印籠(いんろう)を出して注意すると平伏するかを試した。終盤、番組側が用意した4人の男性が、「水戸光圀公」役の男性から喫煙を注意されたことに立腹し、男性に罵声を浴びせる場面も放送された。

     放送後、市に「観光を取りやめた」「水戸への出張が憂鬱」など6件の意見があったという。市は番組内での謝罪を求めたが、番組側は「娯楽として適切であると判断した」などと応じなかった。BPOは今後審議するかどうかを検討する。

     高橋靖市長は「エキストラによる高齢者に対する暴力的な言動を含み、水戸の若者のイメージを著しく損ねるもので遺憾」とコメント。TBSテレビ広報部は「意見書を十分検討した上で、今後も誠意をもって対応する」とコメントを発表した。【玉腰美那子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    2. 捕獲の子グマ ツキノワグマではなくタヌキだった 青森
    3. 介護家族 脳性まひの息子、首絞めた朝 愛した44年、母絶望
    4. 介護家族 殺人事件の「告白」/5 母に「楽になろうか」 11年、1日も休まず
    5. 介護家族 殺人事件の「告白」/3 昼夜叫ぶ夫を「楽に」 トイレ、1日数十回

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]