メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神が優勝祈願…金本監督にファン期待

優勝を祈願する阪神タイガースの選手たち=兵庫県西宮市の西宮神社で2016年3月2日午前10時11分、川平愛撮影

 25日のプロ野球セ・リーグ開幕を前に、阪神タイガースの金本知憲新監督(47)や選手ら約250人が2日、本拠地・阪神甲子園球場に近い西宮神社(兵庫県西宮市)を訪れ、優勝を祈願した。

     1962年のリーグ優勝以来の恒例行事。選手たちは「六甲おろし」が流れる参道を歩いて本殿に向かい、宮司による必勝の祝詞の後、四藤慶一郎球団社長や金本監督が玉串を奉納した。坂井信也オーナーには特製の必勝祈願札(縦45センチ、横20センチ)が授与された。

     境内には金本監督が率いるチームを一目見ようと約500人のファンが詰めかけた。西宮市の会社員、佐藤浩司さん(49)は「金本監督が若い選手を起用すると聞いているので、ベテランとともに活躍してほしい」と話していた。【石川勝義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国道タイヤ事故 教師の夢絶たれ 岡山大の同級生悲痛
    2. 宇都宮の爆発 監視カメラ6台増設 「爆死」後も事件相次ぎ 宇都宮城址公園 /栃木
    3. 福井・中2自殺 校長が辞表提出「不信と混乱招いた」
    4. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
    5. 万引き容疑男 警官の拳銃奪い2発発砲 福岡・大野城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]