メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硯の破片

弥生時代後期、福岡で出土 外交上の文書記述

三雲・井原遺跡から出土した弥生時代の硯の破片(表側)=福岡県糸島市で2016年2月29日、山下恭二撮影

 福岡県糸島市教委は1日、同市の三雲・井原遺跡で、弥生時代後期(1〜2世紀)とみられる硯(すずり)の破片が出土した、と発表した。同遺跡は「魏志倭人伝」に登場する「伊都(いと)国」の中枢遺跡。外交上の文書のやりとりを実施したとする記述があり、同市教委は「文字を書くために使った」とした。これまでは国内での文字使用は3世紀ごろともされてきた。今回の発見は日本における文字文化の始まりを考える上で貴重な成果といえる。

 破片は板石状で6センチ×4.3センチ、厚さ約6ミリ。片面が研磨されていた。古代中国の出先機関・楽浪…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  3. 世界最高齢男性 足寄町の野中正造さん113歳 長寿の秘訣は「マイペース」 /北海道
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです