メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敦賀・母姉殺害

55歳被告に懲役30年 福井地裁

 母と姉を自宅で絞殺したとして殺人と死体遺棄、窃盗の罪に問われた福井県敦賀市樫曲、楽器製造修理販売業、池見照彦被告(55)の裁判員裁判で、福井地裁(入子光臣裁判長)は1日、池見被告に懲役30年(求刑・無期懲役)を言い渡した。

     判決によると、池見被告は2014年11月28日ごろ、亡父の遺産分割を巡って関係が悪化していた姉の武岡礼子さん(当時56歳)を自宅で絞殺。その後、母きみよさん(当時84歳)の首を絞め殺害し、2人の遺体を自宅敷地に埋めるなどした。

     姉に対しては傷害致死にとどまると弁護側が主張していたが、入子裁判長は「首にひもを巻き付け圧迫したのは人が死ぬ危険性の高い行為」と殺意を認定した。

     一方、殺害動機について「東京でギター修理店を開業するため遺産の独占を図り、計画的だった」とする検察側の主張を「積極的に推認できない」として採用せず、「無期懲役はいささか重く、法律の許す最も長い有期懲役が相当」と判断した。【岸川弘明】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    2. 牧太郎の大きな声では言えないが… 「横綱の暴行」で稼ぐのは?
    3. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序
    4. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加
    5. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]