メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敷地内にコンビニ開店 作業員の利便性向上

東京電力福島第1原発の大型休憩所にオープンしたローソンで売られているアイスクリーム=福島県大熊町で2016年3月1日午後2時27分、代表撮影

 東京電力福島第1原発の敷地内にある作業員休憩所に1日、コンビニエンスストア「ローソン」がオープンした。おにぎりやサンドイッチなど食品を中心に日用品を含め、約1000点を販売。廃炉作業で1日7000人が働く作業員の利便性の向上を目指す。

     店舗名は「東電福島大型休憩所店」。作業員が防護服を着なくてもすごせるようにと、昨年5月に敷地内で運用を始めた9階建て大型休憩所の2階にあり、売り場面積は約50平方メートル。日曜日を除く午前6時から午後7時まで営業し、酒類のほか、ごみとしてかさばる缶や瓶入りの飲料、プラスチック製容器に入った弁当は置かない。

     開所式で第1原発の小野明所長は「第1原発が通常の作業場に近づいた」とあいさつ。店員の男性は「来店した作業員の方々を送り出す際は、『ご安全に』との言葉をかけています」と話していた。【金志尚】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    3. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    4. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    5. 五輪調査中間報告 スポーツ界猛反発 長時間の議論、泡に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]