メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1、2号機の延長差し止め提訴へ 名古屋地裁

 運転開始から40年以上が経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)を、さらに20年運転させる原子力規制委員会の延長認可の差し止めを求めて、愛知県内の住民らが4月にも名古屋地裁に提訴する。原告団が1日、名古屋市内で記者会見した。同じ内容の差し止めを求める仮処分も申し立てる方針。

     東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえ、国は2013年施行の改正原子炉等規制法に原発の運転期間を40年に制限する規定を盛り込んだ。しかし、規制委の審査に合格すれば最長20年間延長できるとしており、関電は高浜1、2号機の運転延長を目指している。

     規制委は先月24日、同1、2号機について新規制基準に適合しているとする審査書案を了承した。事実上の審査合格で、運転期限の7月7日までに規制委の認可を得れば運転延長が可能になる。

     弁護団長を務める北村栄弁護士は「40年を超えた原発の運転は例外中の例外だ。政府は極めて危険な原発を動かそうとしている」と批判した。原告の一人で2人の子供を育てる草地妙子さん(37)=名古屋市=は「子供の未来が奪われてしまうかもしれないという危機感がある。市民としての責任を果たしたい」と語った。【大野友嘉子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 成宮寛貴さん引退 衝撃の電撃発表&ゲイ告白 性的指向暴露“耐えられない”
    2. 視聴室 遂に開いた!ピラミッド真実への扉ツタンカーメンの秘宝と太陽の船新発見! 
    3. 世界に一つだけの花 累積売り上げ300万枚超え
    4. 社説 OPECの減産 原油高は歓迎できない
    5. 鳥インフル 名古屋・東山動物園、11日から休園

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]