メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童解消へ

認可保育所定員1070人増 東京・杉並

 東京都杉並区は、保育所の待機児童解消のため、認可保育所10カ所を整備して定員を約750人増やすとした来年度当初予算案の計画を修正し、さらに4カ所、約320人を上乗せして定員を約1070人増やす。田中良区長が1日に記者会見し発表した。

     区によると、昨年4月1日時点で0、1歳児を中心に42人の待機児童がいた。今年度は定員を671人増やしたが、未就学児の数と保育所利用申込者数の増加が予想を大きく上回り、待機児童は今年4月1日に120〜190人生じる見込み。保育需要は今後も増える見通しで、さらなる定員拡大が必要と判断した。

     開会中の定例区議会に整備費4200万円を盛り込んだ補正予算案などを追加提案する。田中区長は「2017年4月に何としても待機児童ゼロを達成すべく取り組む」と述べた。【近藤浩之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
    3. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
    4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    5. 名人戦 佐藤、羽生の攻めを待つ 第6局・2日目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]