メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元ソフトバンク松中が引退「悔いはない」

引退会見で感極まって涙を見せる元ソフトバンクの松中信彦選手=福岡市博多区で2016年3月1日午後4時40分、須賀川理撮影

 ソフトバンクを昨季限りで退団した松中信彦内野手(42)が1日、福岡市内で記者会見し、現役引退を表明した。日本のNPB球団でのプレーを希望するもオファーは届かず、「現実は厳しかった。これが僕の野球人生。悔いはない」と語り、ホークス一筋、19年間のプロ野球生活に終止符を打った。今後は指導者を目指すという。

     松中はスーツ姿で現れ、「たくさんの人に支えられ、ありがとうございました」とあいさつし、「感謝」という言葉を何度も繰り返した。昨秋の退団後は他球団からの誘いを待ち、今年に入ってからは自ら入団テストを申し入れたが、断られたという。「わずかな可能性にかけて、4カ月間精いっぱい最高の準備をしてきた。自分の中でだらだらしたくはなかった」と引退を決めた経緯を説明した。また、球場で起こったファンからの「信彦コール」について問われると、「最初は『松中』だったのが、最後はずっと『信彦』と呼んでもらえた。それは本当に僕の宝物」と思いを語り、涙があふれた。

     松中は「いろいろな方に出会い、勉強したい。引き出しを増やして3冠王を取れる選手を育てたい」と第二の野球人生に夢を膨らませた。

     松中は熊本県出身。八代第一高(現秀岳館高)から新日鉄君津(現新日鉄住金かずさマジック)を経て、1997年にドラフト2位で当時のダイエーに入団。2004年には史上7人目の3冠王に輝いた。【角田直哉】

    今後も野球界のために

     ソフトバンク・王貞治球団会長 3冠王を含め彼が残した輝かしい成績は、まさに常勝ホークスを築き上げた中心選手だった。今後も野球界の発展のために頑張っていただきたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑容疑者 花王、母の淳子さん出演のCM中止
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    4. Buono! 武道館で4年ぶり単独ライブ ももちら3人抱擁「本当にうれしい」
    5. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]