メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

武蔵川部屋、花園ラグビー場を宿舎に

東大阪市花園ラグビー場の敷地内に作られた稽古(けいこ)場の前に立つ武蔵川親方(右)=東大阪市で2016年3月1日、大西岳彦撮影

 大相撲春場所(13日初日)に向け、元横綱・武蔵丸関が親方を務める武蔵川部屋が全国高校ラグビー大会の会場、東大阪市花園ラグビー場を宿舎にし、1日に稽古(けいこ)を始めた。

     ラグビー場には風呂場や食堂スペースがあり、相撲部屋の宿舎としても最適。駐車場にプレハブ囲いの土俵を作り、所属力士らは食堂に畳を敷いて寝泊まりする。

     ラガーマンの夢の舞台「花園」は2019年のワールドカップ日本大会の会場にもなる。武蔵川親方は「この大舞台で稽古を積み、大きな夢をつかんでほしい」と弟子たちを見守った。【寺岡俊】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
    2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
    3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    4. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
    5. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]