メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム斎藤2回4失点

 ○巨人10−2日本ハム(1日・札幌ドーム)

     四回から2番手で登板した日本ハムの斎藤は2回を5安打4失点(自責点1)。味方の2失策にも足を引っ張られたが、フォーク主体の投球は真ん中に集まり、巨人打線に痛打された。米アリゾナのキャンプでは実戦2試合で5回7失点。沖縄・名護では上げた左足を軸足に巻き付けるようなフォーム固めに取り組み「実戦の中でどうか」と話していたが、先発ローテーション入りへのアピールはならなかった。

    巨人の4番候補が3ラン

     巨人の4番候補、ギャレットがオープン戦1号となる3ラン。一回無死一、二塁から、日本ハムの新加入右腕バースの145キロの直球を引っ張り、右中間席へと放った。五回には斎藤から中前打を放ち、3打数2安打としたところで代走と交代。米大リーグ通算122本塁打、400打点の新戦力は「期待されているのは打点。4番の位置で結果を出せたのは良かった」と淡々と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 民進党 蓮舫代表、人事で試練 「野田幹事長」反発広がる
    3. AV出演強要 神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取
    4. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    5. 東京都議会 豊洲盛り土、探求の義務 小池知事が所信表明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]