メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出場選手に異常なし 4日ダブル世界戦

 世界ボクシング評議会(WBC)ダブル世界戦(4日、島津アリーナ京都)の予備検診が1日、東京都内で行われ、バンタム級王者の山中慎介、ライトフライ級王者の木村悠(ともに帝拳)はそれぞれ対戦相手とともに異常なしと診断された。10度目の世界王座防衛を目指す山中は身長170.5センチと、挑戦者で世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級元王者のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)より7.5センチ高く、リーチ(178センチ)も1センチ上回った。山中は「(相手の体格は)予想通り。身長も思ったより低くなく、戦いやすいと思う」と余裕を見せた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 昭恵首相夫人のあいさつ削除 HPから
    2. 神戸・自転車店火災 「三宮センター街」一帯に白煙、騒然
    3. 大与紙工 「ダイヨの教育おりがみ」老舗メーカーが破産
    4. サッカーキング 中田英寿が又吉直樹に引退の真相を告白「復帰する可能性もあった」
    5. 稲田防衛相 森友学園に感謝状「取り消しも検討」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]