メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

東北の今味わう 阿倍野・物産展に若い視点 「高校生百貨店」も /大阪

来店者に商品を説明する渡辺愛さん(中央)=大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で、大沢瑞季撮影

 物産展「東北六県今物語」が2日、大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で始まった。津波被害からの再建を果たした水産業者や菓子店などが出店。宮城県石巻市の高校生らが地元の名産品を販売するブース「高校生百貨店」もある。

 高校生百貨店は、被災で生産が落ち込む地元の商品を若い視点で見直し、復興につなげようというプロジェクトの一環で、石巻市内の5校が参加。商…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです