メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

東北の今味わう 阿倍野・物産展に若い視点 「高校生百貨店」も /大阪

来店者に商品を説明する渡辺愛さん(中央)=大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で、大沢瑞季撮影

 物産展「東北六県今物語」が2日、大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で始まった。津波被害からの再建を果たした水産業者や菓子店などが出店。宮城県石巻市の高校生らが地元の名産品を販売するブース「高校生百貨店」もある。

 高校生百貨店は、被災で生産が落ち込む地元の商品を若い視点で見直し、復興につなげようというプロジェクトの一環で、石巻市内の5校が参加。商…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]