メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

「ヒッグス粒子」発見を主導 欧州合同原子核研究所長、ファビオラ・ジャノッティさん

女性で初めてCERNの所長に就いたファビオラ・ジャノッティさん=東京都中央区で

ファビオラ・ジャノッティさん(55)

 今年1月、素粒子物理学の世界的な研究拠点として知られる欧州合同原子核研究所(CERN)の所長に女性として初めて就任した。来日時の取材に「私だけでなく、多くの女性が重要な役職に就いている。差別を感じたことは一度もない」と気負わない。

 2009〜13年、CERNにある世界最大の加速器LHC(大型ハドロン衝突型加速器)を使い、質量の起源となる素粒子「ヒッグス粒子」を見つける国際実験チーム「ATLAS」(アトラス)の責任者を務めた。ヒッグス粒子は、素粒子物理学の「標準理論」を構成する素粒子の中で、未発見のまま最後まで残った大物。12年7月、CERNが「発見」を発表した際には、熱気に満ちた会場で、理論を提唱した英国の物理学者ピーター・ヒ…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文842文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]