メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍

背振山の用地返還へ 通信施設、3月末に 

 福岡と佐賀の県境にある「在日米軍背振(せぶり)山通信施設」(約1.4ヘクタール)の用地が31日に米軍から国に返還されることがわかった。施設が所在する福岡市など両県の関係自治体に防衛省から連絡が入った。地元住民らが長年返還を求めていたもので、米軍が応じた。これで佐賀県は米軍施設がなくなる。福岡市内で米軍基地の返還が実現するのは1979年以来37年ぶりで、同市に唯一残る福岡空港内の板付基地(約2.3ヘクタール、専用部分)の返還要望が高まる可能性がある。

 防衛省などによると、返還される施設は、冷戦期の50年代に県境の脊振山に設置された。弾道ミサイル防衛…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛省「最終見解」 にじみ出る不快感 火器管制レーダー照射問題
  2. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  3. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  4. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです