メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車が突っ込む 小1男児死亡 高崎

ブレーキとアクセルを踏み間違える 73歳無職男を逮捕

 3日午前7時20分ごろ、群馬県高崎市上並榎町の市道で、集団登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、市立北部小1年の清水海翔(かいと)君(7)が全身を強く打って搬送先の病院で死亡した。県警高崎署は乗用車を運転していた高崎市上並榎町、無職、小見尚旦(なおあき)容疑者(73)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕。致死容疑に切り替えて調べる。

     県警によると、小見容疑者は「病院の入り口に停車しようとして、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述している。小学生は計7人で路側帯を一列になって歩いていたが、前から2番目にいた海翔君がはねられた。車は縁石にぶつかって停止したという。

     一緒に登校していた児童の母によると、7人は6年生を先頭に、次に1年生から学年順に歩いていたという。【山本有紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
    3. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声
    4. 豊洲・地下水 「安全性問題ない」専門家会議座長が見解
    5. 地震 奄美南部で震度5弱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]