メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油安

資源輸出国を直撃 IMF、安全網拡充を検討

主な原油産出国の経済状況

 【ワシントン清水憲司】原油安の長期化で、資源輸出国は経済の苦境が深まっている。南米の産油国ベネズエラは、外貨収入が激減し日用品さえ手に入らないほど経済が混乱。資金流出で通貨が大幅下落する国も続出している。国際通貨基金(IMF)は、資源国や新興国に素早く金融支援できるよう安全網(セーフティーネット)拡充を検討しているが、原油価格が回復しないと復活は見込みにくい。

 「やれることは何でもする」。米メディアによると、ベネズエラのマドゥロ政権関係者は先月、海外投資家ら…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1064文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]