メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民流入抑止へ アフガンのメディアに広告

 【ウィーン坂口裕彦】オーストリア政府は1日、アフガニスタンからの難民や移民の流入を抑えるため、同国の首都カブールをはじめとする大都市圏で、テレビや新聞、インターネット、ソーシャルメディアを駆使した広告キャンペーンを始めると発表した。ミクルライトナー内相は「アフガン人に我々のメッセージを直接伝えたい」と述べた。

     オーストリアは、今年の難民の受け入れ数を、昨年の9万人から3万7500人に減らす。昨年の受け入れ数の約4分の1を占めたアフガン人の大幅削減は、目標達成に不可欠となっている。

     広告は、「オーストリアの法規制がぐんと厳しくなった」「経済的な理由で来ても、難民申請できない」「難民になっても、一生をここでは暮らせない」「アフガンへの強制送還が大幅に強化される」などと強調。気温の上昇と共に活発になりそうなアフガンから欧州へ向かう人々の動きをけん制した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日本将棋連盟 辞任発表の谷川会長のコメント全文
    2. 将棋 三浦九段「不正証拠なし」 連盟、謝罪 今期はA級残留扱い
    3. 京都府警 置き忘れかばんの顔写真、LINEに投稿される
    4. 皇室 皇后さま82歳 「生前退位」に衝撃
    5. 日本将棋連盟 谷川会長、辞任を正式表明 記者会見で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]