メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民流入抑止へ アフガンのメディアに広告

 【ウィーン坂口裕彦】オーストリア政府は1日、アフガニスタンからの難民や移民の流入を抑えるため、同国の首都カブールをはじめとする大都市圏で、テレビや新聞、インターネット、ソーシャルメディアを駆使した広告キャンペーンを始めると発表した。ミクルライトナー内相は「アフガン人に我々のメッセージを直接伝えたい」と述べた。

     オーストリアは、今年の難民の受け入れ数を、昨年の9万人から3万7500人に減らす。昨年の受け入れ数の約4分の1を占めたアフガン人の大幅削減は、目標達成に不可欠となっている。

     広告は、「オーストリアの法規制がぐんと厳しくなった」「経済的な理由で来ても、難民申請できない」「難民になっても、一生をここでは暮らせない」「アフガンへの強制送還が大幅に強化される」などと強調。気温の上昇と共に活発になりそうなアフガンから欧州へ向かう人々の動きをけん制した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 投票やり直し請願250万人超
    2. 参院選 原発争点にならず 野党統一候補も訴え封印
    3. 英EU離脱 「ロンドン独立」署名に15万人
    4. 恐竜時代 哺乳類の化石、岐阜の小学生発見…福井で国内初
    5. 剛力彩芽 つば九郎から求婚に「剛力を継いでいただけるなら…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]