メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症列車事故訴訟

介護家族不安も…賠償責任基準示さず

 認知症の高齢者が列車にはねられ死亡した事故で、鉄道会社が遺族に請求した損害賠償を認めなかった1日の最高裁判決を巡り、同様に身内を介護する家族らは安堵(あんど)しつつ、不安の声も漏らした。判決は家族の賠償責任を問う可能性を残した上で、明確な基準を示さなかったからだ。一方、判決後も介護家族の日常に変わりはなく、認知症の人や家族を支える地道な取り組みが求められている。

 北九州市八幡西区で高城(たかしろ)八郎さん(79)を在宅介護する妻の澄子さん(77)は「良い判決が…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文974文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです