メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症列車事故訴訟

介護家族不安も…賠償責任基準示さず

 認知症の高齢者が列車にはねられ死亡した事故で、鉄道会社が遺族に請求した損害賠償を認めなかった1日の最高裁判決を巡り、同様に身内を介護する家族らは安堵(あんど)しつつ、不安の声も漏らした。判決は家族の賠償責任を問う可能性を残した上で、明確な基準を示さなかったからだ。一方、判決後も介護家族の日常に変わりはなく、認知症の人や家族を支える地道な取り組みが求められている。

 北九州市八幡西区で高城(たかしろ)八郎さん(79)を在宅介護する妻の澄子さん(77)は「良い判決が…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文974文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  3. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. 世界の雑記帳 トランプ米大統領、暴露本出版の元側近と泥試合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです