メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「スケートヒロシマ」で演技する中塩美悠選手=広島市東区の広島ビッグウェーブで2016年2月28日、山田尚弘撮影

 振り返ってみると、このシーズンは、実に波瀾(はらん)万丈なシーズンでした。大学生になり、新たな試みとしてアメリカへ長期間遠征に行ったり、初めてのグランプリシリーズに出場したり、全日本をけがで棄権したりと、何から何まで今までにない新しいことの連続でした。

 良かったこともたくさんありましたが、予期せぬハプニングに見舞われたり、思うようにいかないもどかしさを感じたりで、情緒不安定な時期が続き、我ながら今シーズンの私は今まで以上に扱いにくい人間に仕上がっていたように思います。

 そんな中でもコーチの秦安曇(はた・あずみ)先生は、私を導いてくださいました。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです