メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

復興住宅、孤独死11人 被災3県、1年で 交流支援が課題

 東日本大震災後に岩手、宮城、福島の3県で主に津波被災者向けに整備が進む災害公営住宅(復興住宅)で、誰にもみとられず亡くなる「孤独死」が16人に上ることが毎日新聞の調査で分かった。復興住宅への入居は2013年度に本格化したが、うち11人が今年1月1日までの1年間で亡くなった。復興住宅での孤独死は阪神大震災で社会問題化したのを教訓に、東日本大震災の被災地ではコミュニティー作りを進めてきたが、より一層の対策が求められる。

 毎日新聞は津波被災地を抱える3県33市町村を対象に昨年12月〜今年2月、復興住宅に関するアンケート…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1189文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]