メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水と緑の地球環境

電力小売り、4月から全面自由化 地域発電普及、担い手連携

「送配電網は電気の池」と説明する竹村英明さん。送配電網は常に電気が満タンに維持される=東京都新宿区で 

 4月からの「電力小売りの全面自由化」を前に、市民や地域主導のエネルギー事業の動向が注目されている。住民らが話し合いを重ね、太陽光など再生可能エネルギー由来の電力を地域でつくることは災害時にも役に立つ。東日本大震災を機に各地で生まれた市民発電所の担い手たちが手を結び、自然エネルギーの普及活動を進めている。【明珍美紀】

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです