メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

春の花壇、苗で挑戦 収穫楽しむ果樹も人気

色とりどりの花の苗が並ぶ「ガーデンセンター横浜」の店頭=横浜市神奈川区で

 日ごとに暖かさが増す春は庭仕事に適した季節だ。園芸店などで花の苗を入手すれば、初心者でも手軽に花壇づくりや鉢の寄せ植えを楽しめる。

 種苗大手「サカタのタネ」が運営する「ガーデンセンター横浜」(横浜市神奈川区)の店頭には、2月下旬から3月上旬にかけ、多い時には約1000種類の花や果樹などの苗が並ぶ。同店の植物担当、岩間宏之さんは「園芸店やホームセンターに並ぶ苗の品種は3月ごろから増え始め4月がピーク。さまざまな品種を選ぶことができ、花を植えるのに良い季節」と話す。

 苗の植え付けは、3月中旬の春の彼岸ごろが適しているという。種から育てるのは、発芽させるまでの湿度や…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  2. TV映像無断使用した広告でダイエットサプリ販売 著作権法違反容疑で男2人を逮捕
  3. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです