メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

環境に優しいリサイクル燃料、バイオディーゼル 岡山市、利用を加速 「食用油回収、協力を」啓発DVDで呼びかけへ

 家庭や飲食店などで出る使用済みの植物系食用油を再利用して作るバイオディーゼル燃料(BDF)の活用に、岡山市が力を入れている。地球温暖化の一因とされる二酸化炭素(CO2)の発生を抑制する効果があるなど利点は多いとされるが、その利用は伸び悩んでいる。市は、広報用のDVDを現在製作中で、まずは市民にBDFを広く知ってもらい、環境に優しい都市の実現につなげたい考えだ。【瀬谷健介】

 植物系食用油は原料となる菜種などが成長の過程で大気中のCO2を吸収することから、使用済みの油で作る…

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1348文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです