メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漁港にそびえる防潮堤 岩手・山田

海の中に横たわる津波で壊された岸壁。奥は建設中の防潮堤=岩手県山田町で、小川昌宏撮影(15秒間露光)

 養殖業や漁業が盛んな岩手県山田町。海と暮らすこの町で、5年前の津波は800人以上の死者・行方不明者を出した。

 町中心部に近い山田漁港では新しい防潮堤が完成しつつある。完成すると震災前より約3メートル高い海抜9.7メートルになる。一方港内には津波で壊れた岸壁の一部が横たわる。

 町なかには復興工事のつち音が響く。漁業関係者は防潮堤の重要性を理解しながらも「海が見えるのが普通だったから、息苦しくなるかも」と、新しい街への心は揺れているようだった。【小川昌宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降り自殺か 中3男子死亡 ゲーム叱られ外出 名古屋
  2. 川崎鶴見臨港バス 始発からスト実施 4000便が運休
  3. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
  4. 新潟原発避難いじめ 市教委が謝罪 担任「親しみ込めた」
  5. 発煙 山手線車内で 携帯充電器に異常か 東京・品川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]