メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚市職員、公務災害と認定

 東日本大震災で岩手県大槌町に派遣された兵庫県宝塚市上下水道局の男性職員(当時45歳)の自殺について、地方公務員災害補償基金岩手県支部が公務災害として認定したことが分かった。認定は2015年10月21日付。

     男性職員は、12年10月〜13年3月末の予定で大槌町に派遣され、土地区画整理事業などを担当していた。13年1月、岩手県宮古市の仮設住宅で、首をつって死亡しているのが見つかった。男性職員の遺族が14年11月、申請していた。

     宝塚市は公務災害が認定されると見舞金を支給する条例に基づき、市議会に提案中の今年度補正予算案に関連予算を計上している。この自殺を受け、市は人事課長が3カ月に1回、派遣先を訪問し職員と面談する取り組みも続けている。【釣田祐喜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リオ五輪 円盤投げの銀メダル売却 小児がん男児のために
    2. 布施広の地球議 「ミサイル防衛」幻想
    3. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
    4. 山口組分裂1年 神戸山口組が会合 幹部ら次々と集まる
    5. 全日空欠陥 乗客「非公表は怖い」 専門家は事故懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]