メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚市職員、公務災害と認定

 東日本大震災で岩手県大槌町に派遣された兵庫県宝塚市上下水道局の男性職員(当時45歳)の自殺について、地方公務員災害補償基金岩手県支部が公務災害として認定したことが分かった。認定は2015年10月21日付。

     男性職員は、12年10月〜13年3月末の予定で大槌町に派遣され、土地区画整理事業などを担当していた。13年1月、岩手県宮古市の仮設住宅で、首をつって死亡しているのが見つかった。男性職員の遺族が14年11月、申請していた。

     宝塚市は公務災害が認定されると見舞金を支給する条例に基づき、市議会に提案中の今年度補正予算案に関連予算を計上している。この自殺を受け、市は人事課長が3カ月に1回、派遣先を訪問し職員と面談する取り組みも続けている。【釣田祐喜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 稲垣・草なぎ・香取の写真がついに“SNS解禁” ファンから歓喜の声続々[反響を随時更新中]
    2. 次期衆院選 福田副内閣相 自民党離党、新党参加を表明
    3. オランダ航空機 パネル落下、車に衝突 関空離陸後
    4. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相が解散の「ご意向」 命名「わが逃走解散」に1票!
    5. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]