メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放射線本

影響の根拠、市民向けに解説 多分野の研究者

データ集と執筆した研究者ら=京都市内で2016年2月15日午後6時37分、吉田卓矢撮影

 多分野の研究者たちが放射線の人体への影響に関連した重要な32本の論文データを市民向けに解説した「放射線必須データ32 被ばく影響の根拠」(創元社、税込み3024円)が3月10日に出版される。編集呼び掛け人の坂東昌子・愛知大名誉教授(素粒子論)は「多くの人にとって放射線を考える手がかりになれば」と話す。

 福島第1原発事故後、放射線の人体への影響についての分析や評価がネット上などにあふれたが、同じデータ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文609文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]