メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放射線本

影響の根拠、市民向けに解説 多分野の研究者

データ集と執筆した研究者ら=京都市内で2016年2月15日午後6時37分、吉田卓矢撮影

 多分野の研究者たちが放射線の人体への影響に関連した重要な32本の論文データを市民向けに解説した「放射線必須データ32 被ばく影響の根拠」(創元社、税込み3024円)が3月10日に出版される。編集呼び掛け人の坂東昌子・愛知大名誉教授(素粒子論)は「多くの人にとって放射線を考える手がかりになれば」と話す。

 福島第1原発事故後、放射線の人体への影響についての分析や評価がネット上などにあふれたが、同じデータ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです