メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春闘

賃上げ要求額平均1.27%…9444円

 連合は3日、春闘の賃上げ要求額(2月29日現在)は平均9444円(定期昇給分含む)で、前年より1443円下がったと公表した。引き上げ率は平均3.27%で、定昇分の2.0%を引くと1.27%となり、2%程度を基準とした連合の方針を下回った。神津里季生会長は「月例賃金の引き上げと中小、非正規の底上げを何としても実現する」と話した。

     連合のまとめによると、要求を提出した労働組合は4734組合(前年同期比230組合増)。うち組合員数300人未満の中小組合は1515組合(同85組合増)で、平均要求額は8002円(同1694円減)だった。要求額は減ったが、要求を提出した組合数は昨年を上回った。

     非正規労働者については128組合(同19組合増)が平均942.85円(時給)を要求し、引き上げ幅は約30円(同約10円減)となった。

     また、神津会長は、メガバンクの労組(連合非加盟)が月例賃金の賃上げを求めず、一時金のみ要求していることについて「日銀のマイナス金利を理由にしているようだが、開いた口がふさがらない。労組の社会的責任は月例賃金を引き上げることだ」と異例の労組批判を展開した。【東海林智】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア ザギトワ ロシア国旗、国歌なき金メダル
    2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    3. 平昌五輪2018 カーリング 女子 笑顔と涙、英と3位決定戦 初回の3失点、最後まで響く
    4. 五輪ボブスレー OAR女子選手、ドーピングで失格
    5. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]