メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国政協

開幕 台湾独立に反対

 【北京・工藤哲】中国の国政助言機関である中国人民政治協商会議(政協)が3日、北京の人民大会堂で開幕し、兪正声主席(中国共産党序列4位)が活動報告をした。兪氏は1月の台湾総統選で民進党の蔡英文主席が大勝し、5月に総統に就任することを念頭に、台湾問題で(「一つの中国」原則を認めたとされる)「1992年合意」を堅持し、台湾独立に反対する立場を改めて強調した。

     また、中国本土の発禁本を扱う香港の書店関係者が中国当局の捜査を受け、「1国2制度」が揺らいでいるとの疑念が出ていることについて、兪氏は「1国2制度」や「高度な自治」を堅持する方針を継続していく方針も改めて示した。

     政協は14日まで。5日から全国人民代表大会(全人代=国会)が始まり、16日に閉幕する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
    5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]