メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性スタッフだけで…スカイマーク

ひなまつりフライトを担当するクルーや地上職員=神戸市中央区の神戸空港で2016年3月3日、久野洋撮影

 経営再建中のスカイマークは3日、桃の節句に合わせた演出「ひなまつりフライト」として、女性スタッフだけの運航を実施した。同社の拠点・神戸空港と、茨城空港間の1往復で特別シフトを組んだ。同社は今月下旬にも債権者への弁済が終わる予定で「一便一便を大切に成長に弾みをつけたい」としている。

     同社のパイロット約220人のうち、女性は機長1人と副操縦士2人。そのうちユン・へジョン機長(43)と鈴木摩衣副操縦士(26)、客室乗務員4人が乗り組み、整備や地上作業も女性4人が担当した。午後0時10分神戸空港発の184便には乗客103人が搭乗。ユン機長が「乗客の皆さんに楽しんでほしい」と話した後、女性スタッフらが駐機場から見送った。

     昨年1月に民事再生法の適用を申請し経営破綻した同社は、インターネット中心の集客から就航地に密着した営業に方針転換。路線をPRするイベントにも力を入れている。【久野洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊達直人 私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」
    2. 隣の貧困 /1 憧れは「普通」の食卓
    3. ライフスタイル 町田の“東京離脱説”の噂が現実に? ついに町田市の一部が神奈川県に取り込まれる!
    4. 訃報 紺屋勝成さん 53歳=元USEN取締役、南場智子・DeNA会長でプロ野球・横浜DeNAベイスターズオーナーの夫
    5. 隣の貧困 /3 息子に人並みの生活を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]