メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かごしま水族館近くの海に現れる

水面近くを泳ぐテンガイハタ=かごしま水族館提供

 鹿児島市のかごしま水族館近くの鹿児島湾で2日、深海魚「テンガイハタ」が泳いでいるのが見つかった。鹿児島湾の最深部に生息しているとみられ、生きた状態で見つかることは極めて珍しいという。3日には死んでいるのが分かったが、かごしま水族館は体の特徴などを調べたい考えだ。

 テンガイハタはフリソデウオ科の魚。2日午後、水族館わきのイルカ水路北側で、通りかかった人が見慣れない魚を見つけ、水族館職員に知らせた。

 かごしま水族館によると、見つかったテンガイハタは全長1.4メートル。体を縦にして水面近くで泳いでいた。撮影するダイバーの動きにも反応したという。今回、水面近くに浮上することが分かったが、理由は不明という。

 テンガイハタはイルカ水路に運ばれ、3日朝まで泳いでいるのが確認されていたが、その後、水路の底で死んだ状態で発見された。かごしま水族館は「テンガイハタはたまに網にかかることはあるが、生きた状態で見つかるのは極めて貴重な機会。体の特徴などを詳しく調べたい」としている。【津島史人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
  2. 北海道・七飯の7歳児行方不明 130人態勢で捜索
  3. 特集ワイド 刻々と現実味増す「トランプ政権」 日本が備えるべきことは
  4. 特集ワイド もしも「トランプ大統領」が誕生したら
  5. 厚労省 健保の健康づくり、過度な特典抑制 奨励から修正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]