メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海魚「テンガイハタ」

かごしま水族館近くの海に現れる

水面近くを泳ぐテンガイハタ=かごしま水族館提供

 鹿児島市のかごしま水族館近くの鹿児島湾で2日、深海魚「テンガイハタ」が泳いでいるのが見つかった。鹿児島湾の最深部に生息しているとみられ、生きた状態で見つかることは極めて珍しいという。3日には死んでいるのが分かったが、かごしま水族館は体の特徴などを調べたい考えだ。

 テンガイハタはフリソデウオ科の魚。2日午後、水族館わきのイルカ水路北側で、通りかかった人が見慣れない魚を見つけ、水族館職員に知らせた。

 かごしま水族館によると、見つかったテンガイハタは全長1.4メートル。体を縦にして水面近くで泳いでいた。撮影するダイバーの動きにも反応したという。今回、水面近くに浮上することが分かったが、理由は不明という。

 テンガイハタはイルカ水路に運ばれ、3日朝まで泳いでいるのが確認されていたが、その後、水路の底で死んだ状態で発見された。かごしま水族館は「テンガイハタはたまに網にかかることはあるが、生きた状態で見つかるのは極めて貴重な機会。体の特徴などを詳しく調べたい」としている。【津島史人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
  2. 基礎控除 高所得者減額検討 2500万円超はゼロ
  3. アニソン最強素人決定戦 茨城県の22歳が優勝 横浜アリーナ「ANIMAX MUSIX」のステージに
  4. 詐欺 女子高生を逮捕 100万円だまし取った容疑
  5. ORICON NEWS さだまさしの“炎上史” 『SONGS』で特集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]