メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2040年に人口100万人超え

 東京23区で人口最多の東京都世田谷区は3日、2040年に23区で初めて、人口が100万人を超えるとの推計を公表した。保坂展人区長は同日の定例記者会見で「人口が多いのに課税自主権がないなど、時代遅れの特別区(東京23区)制度を見直す議論も始めなければならない」と指摘した。

 2月26日発表の15年簡易国勢調査の速報値で、外国人を含む区内人口は昨年10月現在で90万391人となり、初めて90万人を超えた。鳥取、島根、福井、佐賀、山梨など7県より多く、20政令市の14位に相当する。区では1995年以降、転入者数が転出者数を上回っている。

 区は保育園の定員増など子育て支援策を進めてきた。その結果、女性1人が生涯に産む子供の数を示す区内の合計特殊出生率は、02年の0・77から今年1月時点で1・06にまで回復した。50年に1・21になる見通しで、推計すると人口は40年に100万人を超え、50年に105万5084人になるとした。

 一方、65歳以上の高齢者比率は今年の20%から50年には26%に高まり、15〜64歳の生産年齢人口の比率は68%から61%に低下する見込み。保坂区長は「『100万人を目指す』と言っているわけではない。均等な世代間分布が大事だ」と述べた。

 東京23区の人口2位は練馬区で約72万人。【早川健人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スイカロードレース 熱中症で男性重体…千葉・富里
  2. 参院選 17歳で1票 誕生日前に不在者投票 富山・魚津
  3. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
  4. 第2パナマ運河 水門拡張し開通…日本に大きな恩恵
  5. 共産・藤野氏 「人を殺す予算」と発言、取り消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]