メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発

凍土遮水壁凍結、規制委が認める

福島第1原発の凍土遮水壁計画

 原子力規制委員会は3日の検討会で、東京電力福島第1原発1〜4号機の周りの土壌を凍らせて地下水の流入を抑える「凍土遮水壁」について、海側部分から凍結することを了承した。規制委は早ければ今月中にも東電の計画を認可する見通し。東電は規制委の認可を受け、海側からの「部分凍結」を開始する。

     東電はこの日の検討会で、凍土遮水壁(総延長約1.5キロ)のうち、海側約690メートルと山側の大部分を段階的に凍結する方針を説明。完全に壁を造った場合、壁の内側の地下水位が下がり、建屋内の汚染水の水位が高くなって建屋から外へあふれ出す恐れがあるため、未凍結部分を7カ所残し、水位データを観測するとした。

     規制委はこの段階までは了承し、未凍結部分を凍らせる最終段階については、改めて検討する。【鳥井真平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
    3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
    4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]